こんなに美しい蝶を見れるのは幸せ

今まで都会にずっと住んでいたので、自然の世界には自分から足を運ばなければなかなか踏み入れることはできませんでした。
しかし、ここ、九州の片田舎に来て以来、無意識のうちに自然の音や自然界で自由に動きまわっている生物をよく目にします。

我が家ではプランターや花壇に四季折々の花をいつも植えているのですが、先日、今までに見たこともない美しいクロアゲハ系の蝶を発見しました。
こちらの人間にとってはそれほど珍しく思わないのかもしれませんが、私は今までの人生の中でこれほど綺麗な蝶にお目にかかったことがありません。

そして数時間後、近所の子供たちが我が家に植えてある花の蜜を吸いに来ているその蝶を発見するやいなや、網と籠を持参してその蝶を必死で取ろうとしていました。
その姿を見て、自分の子供の頃を思い出しました。

日々の生活の中でいつも同じような生活スタイルをしていると、何かトキメキ感に欠けます。
でも、そんなときに現れたこの一頭の蝶を見て私の心は満たされたのです。自然の力って人間が想像する以上にすごいのかもしれません。

中年になると何だか調子が悪い

20~30代の時には、少々無理をしても翌日に疲れが残るという事は無かった。
40代を過ぎてから、何だか無理が利かなくなったような気がする。
娘からは「年のせいだからしょうがないよ」と言われる。
でも何だか釈然としない。

すごく年寄り扱いされているようで、ちょっと頭にくる。
仕事で一度腰を悪くして、腰には注意をしている。
荷物を持つときは絶対中腰で持たないようにしている。
必ず片膝をついて荷物を持つ。これだけで腰の負担が違うようだ。
勿論いろんな体操をする事も大事だ。
私は福辻式腰痛改善ストレッチを試してみた。

あまり根を詰めてやると、逆効果になってしまうので
痛気持ち良いと思うぐらいのところで止める事が大事だ。
腰痛は、腹筋が弱くなっているのも原因の一つらしい。
椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などの病気でなければ
背中の筋力が落ちて脂肪が付きやすくなりそのせいで腰痛になることもあるそう。
腰痛の原因は半数以上は分からないとの事。

男性などは、仕事に行きたくないというストレスが原因とも言われている。
分からないでもない気はします。
近頃困っているのは、俗にいう50肩です。
普通にしていればそんなに痛くないのですが
上の方に有る物を取る時や片す時に肩に痛みが走る。

最初は、そんなに痛くなかったのですが段々痛みが強くなってきているようです。
今は湿布を貼ったり軽く体操したりしていますが
動かせなくなったらどうしようと思う時があります。
これから年を取っていくから少しでも体が動くように
鍛えておかないといけないな。

椎名林檎の歌詞

林檎さんの、「ありきたりな女」という曲に関する記事、今更読んだけど、なるほど、なんとなくわかるような。

まぁようするに、女から母になるとはこういうことだ、的な…
別にそれに限ったことでは無いらしいので、幅広く、女の中にある転機みたいな、
そういうことなんだろうという感じなんですが。

歌詞の中に出てくる、

“あなたの命を聴き取るため、代わりに失ったわたしのあの素晴らしき世界”

とかね。
あー、あー、何かわかる気がしますよ、と。

私はそれを、子を持ったことでは無く、単なる老化によって失ったんだと思ってましたし、
今でも思ってますので、これほどロマンチックなものという気もしてないわけなんですが、
同じ夕焼けを見ても、ああ、この胸を埋め尽くす切なさとは何か…、とか思っていた頃も今は昔、
あー、夕焼けだぁ、綺麗ですなぁ、ゆーやけこやけ~♪今日の晩飯は何にする~♪とか思っちゃう現在、
つまり、より、現実を生きるようになる、ということなのですかね。
そうせざるを得ないという。